何が何でもという気持ちでいこう。
Show MenuHide Menu

照射口の面が大きい脱毛器センスエピ

07/29/2014

エステサロンに通うよりも安く脱毛ができると聞いて、家庭用脱毛器を購入しました。
初めての脱毛器を購入するので、お試し感覚もあったため、その時に一番安い価格だった脱毛器センスエピを選びました。

注文後、2日後には届きました。本体とハンドピースが分かれているので、使いやすくていいなと思いました。
ただ、ハンドピースの形状が持ちにくい形でした。手で持つ部分が太いため、小さい手である私にとってはかなり持ちづらかったです。

早速使ってみたところ、照射しても痛みもそれほどなく安心しました。
出力レベルを最大の5にした時に、少し熱いかなと感じたぐらいです。照射口の面が大きいため、一発一発の照射面積が広く、照射回数うも少なくてすみます。

その反面、ワキ・腕・足にしか使えないということが分かりました。細かい部分や凹凸のあるところへの照射が困難でした。
Vラインや鼻の下のヒゲなどには使いづらく、照射できませんでした。
後で知ったのですが、センスエピよりも新しい機種のものは、もっとコンパクトになっていて、鼻の下のヒゲなどを照射できるスモールカートリッジが付いているものもあるようです。

また、照射できたワキや腕、足の部分に関しても、今一つ効果を感じない結果となりました。
照射しても痛みや熱さをそれほど感じなかったということは、照射力も弱めだったのかもしれません。

次に家庭用脱毛器を購入する時には、照射力や照射面積、付属のカートリッジなどをしっかり確認してから購入しようと思いました。

脱毛器トリアについて調べてみました

07/28/2014

脱毛器トリアはレーザー脱毛器なので痛いです。
バチンと輪ゴムではじかれるような痛みです。
ピアスなどが開けられる人なら我慢できそうと、クチコミに書いてあったのですが、ピアスがあいている私でも、とにかく痛いです。
そして、照射範囲が狭いので、何度もレーザーをかけなくてはいけないので、めんどうです。直径10ミリなのでかなり小さい範囲です。
初心者でも使えますが、両脇15分ほど時間がかかります。ですが、難しい使い方ではないです。

フラッシュ脱毛よりは効果を実感することができます。なので、痛みがあっても慣れれば、なんてことないです。
そして返金保証があるので、安心して購入することができます。わたしは痛みを感じましたが、効果を実感することができたし、
慣れたらそこまで痛みを感じなくなったので、返金保証は使わずに、現在も使用しています。

フラッシュ脱毛器か、レーザー脱毛器か悩んでいる人は、30日間以内であれば、返金に応じてくれるようなので、
レーザー脱毛器に興味のある方は試してみる価値あります。充電器なので、カートリッジ交換不要で経済的です。
ただし、使いすぎるとレーザーの照射部分が劣化して、本体自体を買い替える必要があります。

カートリッジを交換する必要がないので、充電するだけで脱毛ができてかなり経済的です。目に悪そうなまぶしい光は感じないです。
フラッシュ式は瞬間的ですが、目を閉じていてもわかるくらい光を発するので、
何度も何度も照射すると、目が疲れてしまいますが、これはレーザーなのでそんな心配はいらないです。

ただ、脱毛の処理時間がかかるのはやはりレーザー脱毛器のトリアですね。
照射部分が狭いので、どうしてもケノンなどのフラッシュ脱毛器よりも時間がかかってしまいます。
手軽に脱毛をしたいという方は、フラッシュ脱毛器の方がいいかもしれません。

パナソニックの光エステ ケノンとの違いについて

07/27/2014

電気量販店で高い支持を受けているのがパナソニックの光エステと、ネットの通信販売で人気なのがケノンなのですが、これらの違いは何なのか疑問に思うことが多いです。
そこでパナソニックの光エステと、ケノンとの違いについて紹介します。

光エステは近くの家電量販店で手軽に購入することが出来ますが、ケノンは通信販売のみの扱いです。
ケノンは価格が7~8万円ぐらいと値段が張るのに対して、光エステは2万円前後と、とても低い価格設定になっています。
実際に家電量販店で手に取って確かめることが出来ますし、お手頃価格というのも魅力的です。
替えのカートリッジはどちらも7000円から8000円で、大きな差はないです。保証期間もどちらも1年間で、しっかり保証してくれます。
ただし、ケノンの方が照射回数が多いのがメリットです。

ケノンは形も大きく重量もあるのですが、光エステはコンパクトにまとまっています。
収納に困ることもなく、デザインもかわいらしいピンク色なので、お部屋のインテリアとしても活躍してくれます。

どちらの脱毛器も痛みが少ない設計で、処理するときに負担をかけないのが特徴です。
熱くなったり痛くなったりすることがないので、安心して使うことが出来ます。

脱毛器が家に一台あれば、時間も手間もかけずにいつでも処理することが出来るので、とっても便利です。
使い方が複雑でなかなか続けられないムダ毛の自己処理も、光エステなら電源を入れればすぐに使えるので、長く使い続けることが出来ます。
数回処理をすれば、処理する回数も減らすことが出来るのもうれしいポイントです。

脱毛器ケノンは痛みに弱い私でも大丈夫でした

07/26/2014

昔はカミソリや毛抜きを使ってムダ毛の処理をしていたのですが、剃ってもすぐに毛が生えてきますし、1本1本ムダ毛を毛抜きで抜いていくのは恐ろしく時間がかかります。
それで他の方法はないものかと考えて、家庭用のレーザー脱毛器を買ってみました。
私にはまだ幼い子供がいるので、脱毛サロンへ通うことができません。
また、専業主婦が脱毛サロンへ通う費用を捻出するのはなかなか大変なのが実情です。

そこで、レーザー脱毛器を買ってみたのですが、はっきり言って大失敗でした。
なぜ失敗だと感じたのかと言うと、とにかく痛い上に時間がかかってしょうがなかったのです。
多分、痛いのを我慢して使い続けていれば、それなりに脱毛効果が出たのでしょうが、私は自慢じゃありませんが痛いのが大の苦手です。
おまけに一度にレーザーを照射できる面積が本当に小さかったので、どのくらい続ければ脱毛が完了するのか気が遠くなってしまいました。

そんな時、今女性に人気の脱毛器特集で見つけたのが、脱毛器ケノンでした。
脱毛器ケノンは、フラッシュ脱毛器で痛くない上に、照射範囲が広いということだったので、早速購入してみました。
値段が少々高かったので、少しだけ悩んでしまいましたが、へそくりで買える金額だったので、思い切って購入しました。

でも、買ってみて大正解でした。脱毛器ケノンを使用中に感じる痛みは、これまで使っていたレーザー脱毛器に比べると、雲泥の差です。
ほとんど痛みを感じない上に、照射範囲が広いので脱毛がサクサク進みます。なので、脱毛器ケノンに乗り換えて本当に良かったと思っています。

脱毛器と脱毛エステどちらがいいか迷ったら コスパ的に脱毛器がおすすめ

07/25/2014

ムダ毛の自己処理の機会が増える、夏のシーズンの到来です。そしてコストや仕上がりも考えて、脱毛器と脱毛エステでのお手入れなど脱毛方法も悩むところです。
そこでどちらがいいのか、どちらがおすすめなのか徹底検証をします。

やはり、コスパ的に脱毛器がおすすめです。一度抜いてしまえばしばらく処理する必要もないですし、一度買ってしまえば長く使うことが出来ます。
水にも強い構造なので、お風呂でも使えます。少しずつ処理していけば時間もかからないですし、仕上がりもとてもきれいです。
自分の好みや肌質、毛質にも合わせて購入することが出来るのも魅力の一つです。

脱毛エステですと仕上がりはとてもきれいで、プロの技が光ります。ですが料金設定が高めなのが、少しネックです。
一時の脱毛なら安く出来るのですが、永久脱毛だと数十万円かかってしまうケースもあります。
もちろん自分で手間をかけずにきれいに仕上がるので、満足いく処理方法です。
脱毛器の処理とは違い、自分で予約を取り通い続ける必要もあります。

ですが脱毛器は自分の好きな時間に処理することができ、自分の体調に合わせて使い分けることが出来ます。
気になる部分だけや、カミソリと同時に処理するなど応用が利きます。
これらのことから、やはりコスパ的にも時間的にも脱毛器が断然おすすめです。
自宅で手軽に処理することが可能で、性能がいいものが揃っています。
肌に負担をかけることなくムダ毛を無くすことが出来るのも、大きな要因です。